百舌鳥迺舍(もずのや)

いろいろ見たい聴きたい食べたいっ!

三月大歌舞伎

今日は久しぶりに歌舞伎座へ行ってきました。最初は苦手な「真山青果」だった。やっぱり「〇〇なのだあ」なセリフがきつい(笑)あと”絶叫芝居”にもっていかれると相変わらずついていけない自分がいる。これが大河ドラマでさえ見ていられない理由かも?「渡海屋 大物浦」は面白かったです。右近ちゃんかわええ♡舞台写真を買いそうになったけれど、一枚¥500ーに思いとどまった。欲しいのを買ったら五千円札が飛ぶ・・・諦める・・・オトナですから(きっぱり!)お芝居は相模五郎の注進シーンがキレキレでかっこよかった。あと仁左衛門さんの景気の良いジャンプにざわつく客席・・・お客さんも心優しいね。どうぞお怪我のないようにと祈っております。写真はお昼のお弁当とめでたい焼。お腹いっぱいです!

IMG_0723IMG_0721
Comments

ステキ・・・。



チェチリアかっこいい〜!

Comments

ゴヤ


IMG_0718 (1)


「騎士団長殺し」の主人公は肖像画家として登場します。この画家は描かれる人の良い面を絵の中に浮かび上がらせることで依頼主の満足を得ていました。このあたりを読み進むあいだ、「あぁ、このサービス精神(笑)がゴヤにあったならばなあ・・・」という思いが頭を離れませんでした。ゴヤの描く肖像にはひとを惹きつける魅力がありますが、モデルに対していくらか侮蔑を含んだような作品や、鑑賞する人に「この人、意地悪そうだな・・・」とか「気が弱そう・・・」というような思いを抱かせるものがあります。そうしたモデルの心の内面まで見透かしているような肖像を描かれた本人はどんな風に絵を見ていたのでしょうか?そしてゴヤの晩年に描かれた暗い作品の数々・・・。今回読んだこの物語の中では、そんな画家の心の均衡をも描いているように思われました。

Comments

今シーズン最後の


たぶん今シーズン最後の「鍋焼き蕎麦」
IMG_0719 (1)

小田原から東府中まで行くのに、新宿を経由するのはこのため(笑)いいこげ具合のおもちをドボンっとツユに浸して食べるのだ!
Comments

文楽地方公演

昨日の文楽府中公演、昼の演目は妹背山婦女庭訓の杉酒屋→道行→金殿と続きました。和生さんの遣う求馬はシックな黒のよく似合う優男で素敵。簔二郎さんの遣う「豆腐の御用」はかしらの動かし方に「落ち着きのなさ」がでていて面白かったです。床は金殿の津駒太夫さんと宗助さんの三味線がすごかった。時代物のスケールの大きさが肌で感じられる奏演で、本公演でも聴きたいと思いました。夜は近頃河原達引で四条河原の段は咲甫太夫さんと清志郎さんの三味線。声に品があって源太のかしらに良く似合う咲甫太夫さん。語り分けもくっきりとして聴きやすく、「四条河原なんてもう聴く機会がなくなるかも?」と思われるような完成度の高さでした。千歳太夫さんと富助さんの「堀川」はおしゅん一家の寂しい身過ぎをしっとりと描いてよろしかったです。それから玉男さんの与次郎が楽しくて(特にゴハンを食べるところ)つい見てしまう(笑)気がついた時には「あ〜!もう猿回しだ!」という感じで終わってしまいました。もうちょっと「おしゅん伝兵衞」の美男美女カップルを見ていたかったなあ。
Comments